« 医療志民の会ニュース vol.14 | トップページ | 医療志民の会ニュース vol.16 »

医療志民の会ニュース vol.15

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 医療志民の会ニュース vol.15 ◇◆

医療志民の会 http://iryoushimin.cocolog-nifty.com/blog/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

平素より大変お世話になっております。
医療志民の会事務局の森田知宏です。
国立病院機構東京医療センター教育研修部の尾藤誠司様より、
市民公開シンポジウムのお知らせをいただきましたので、ご紹介致します。

----------------------------------

国立病院機構東京医療センター主催
「医療を考える」市民公開シンポジウム のお知らせ

テーマ:「病院で使用される言葉について考える」
~患者さんと医療者とのよりよいコミュニケーションのために~

日時: 平成22年2月16日 火曜日 午後2:00~4:00

会場: 東京医療センター大会議室(外来棟3階)

参加者: どなたでもご自由にご参加いただけます!

入場料: 無料

主催:国立病院機構東京医療センター

問い合わせ先:東京医療センター 管理課 職員係
(03-3411-0111 内線2114)

事前登録はございません。当日そのままお越し下さい。

+++++++++++++++
このたび、私たち東京医療センターは、「東京医療センターは患者の皆様と共に
健康を考える医療を実践します」という基本理念の下で、市民の方々、病院
利用者の方々と自由な意見交換を行う機会を設けたいと思い、この度市民公開
シンポジウムを企画致しました。
「説明を受けたけれどよくわからない」「医師から『大丈夫』と言われたけれど
本当かしら・・」 病院で使用される言葉は専門用語も多く、さらには、専門用語
以外にもなかなか理解しにくい言葉も多いかと思います。今回のシンポジウムでは、
病院で、どうしたら、患者さんや病院利用者の方々と、医療者が、お互いに理解し
合いながらコミュニケーションをとることが出来るか、について、「ことば」の
側面から考えてみたいと思います。

++++++++++++++++

シンポジスト:

国立国語研究所言語問題グループ長  田中牧郎 先生

一般市民を代表される方

病院受付職員

当院医師 など

付記:今回は手話スタッフのご案内や、点字の資料のご用意はありません。
なにとぞご容赦のほどお願いいたします。小さなお子様をつれてのご参加もでき
ますが、託児のスタッフはおりませんので、あらかじめご了承ください。

----------------------------------------------------------------------

< 志民の皆様の活動報告を募集しています >

医療志民の会では、医療を良くするためにそれぞれ活動していらっしゃる志民
の皆様の、活動報告を募集しています。
実際に行っている活動を他の方々にも紹介したいという方、お名前とご所属を
添えて、どうぞ奮ってご投稿ください。
=> iryoushimin@gmail.com

◎皆様のサイト、ブログにて医療志民の会をご紹介下さい。
=> http://iryoushimin.cocolog-nifty.com/blog/

◎情報配信をご希望の方は下記アドレスよりご登録お願い致します。
=> http://iryoushimin.cocolog-nifty.com/blog/toroku.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【文責】
医療志民の会 事務局

【 発行元 】
医療志民の会
http://iryoushimin.cocolog-nifty.com/blog/

【 ご意見・お問い合わせ 】
アドレス変更など各種お問い合わせは、こちらをご利用ください。
iryoushimin@gmail.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


« 医療志民の会ニュース vol.14 | トップページ | 医療志民の会ニュース vol.16 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1182428/33269831

この記事へのトラックバック一覧です: 医療志民の会ニュース vol.15:

« 医療志民の会ニュース vol.14 | トップページ | 医療志民の会ニュース vol.16 »